Jun Araki’s Blog
随所に主となれば立処皆真なり

2014 年 9 月 9 日

SIGIR 2014 参加報告

Filed under: Research — araki @ 10:44 AM

約一年ぶりの更新です。やや以前の話ですが、二ヶ月程前に SIGIR 2014 に参加してきました。その学会で参加報告を依頼され、執筆したのですが、それが日本データベース学会のメーリングリストアーカイブ上で誰でも閲覧できるように公開されています。自分の備忘録も兼ねて、本ブログにも転載します。

——————————————————————————-

SIGIR 2014に参加して 荒木淳(カーネギーメロン大学 博士候補生)

2014年7月6日(日)から7月11日(金)までの日程でオーストラリアのゴールドコーストで国際会議SIGIR 2014が開催されました.会場はGold Coast Convention and Exhibition Centreでした.ゴールドコーストは,オーストラリアの東海岸に位置する同国最大の観光保養地として知られています.この時期は冬でしたが,それでも気候は温暖で,最高気温が22℃程度,最低気温が8℃程度でした.しかしながら,オゾンホールの影響もあるのか筆者には日差しが強く感じられ,日中はほとんど会場内にいたものの,念のため日焼け止めを利用していました.

SIGIRは情報検索(IR)の分野のトップカンファレンスであり,1978年に開催されて以来,今回で37回目を迎えました.筆者の専門は自然言語処理(NLP)であり,NLPの分野の国際会議には参加したことがありましたが,SIGIRに参加するのは初めてでした.NLPにおけるトップカンファレンスであるACLにもまだ一回しか参加したことがないのですが,ACLとSIGIRの両方に参加した経験から感じた両者の違いについて三点ほど触れようと思います.

まず,論文の採択率についてです.今回のSIGIRではfull paperが 82/387(21.2%),short paperが 104/263(39.5%) でした.一方,今年のACL(ACL 2014)では 146/572(25.5%),short paperが 139/551(25.2%)でした.このことから,SIGIRの方がshort paperは採択されやすいという傾向が見えます.実際に,今回筆者が発表した論文もshort paperで,ある授業の中で取り組んだ研究に関するものでした.

次に,研究で用いられる評価手法についてです.両会議で発表される研究では,確立された評価指標を用いて提案手法を定量的に評価する点は共通していますし,評価指標自体も研究テーマになり得えます.ただ,SIGIRの方が,検索エンジンという既に世に普及した実装が存在することもあって,例えばユーザーや時間軸の視点からの評価のように,心理学的観点も含めたより多様で実際的な評価手法が多い印象を受けました.

最後に,賞関連です.ACLにもBest Paper AwardとLifetime Achievementという賞はありますが,SIGIRでは今年からTest of Time Awardという賞を取り入れ,2002年から2004年の中でも最も優れた研究が表彰されました.企業からのスポンサーシップも比較的多いと思います.学生に対する参加費援助(travel grant)についても,どの程度の割合の学生がどの程度の支援を受けたのかという全体的な統計は分かりませんが,SIGIRの方が支援が手厚いように思われます.筆者は今年SIGIRからSIGIR Student Travel Grantという参加費援助を受けました.筆者はアメリカからの参加で渡航費が非常に高かったのですが,学会登録費や宿泊費などを含めて総額の半分くらいを支援していただきました.

SIGIRは長い年月を経て実用面での貢献にも寄与しながら研究コミュニティを発展させたため,研究分野に対する自負のようなものと若手研究者の挑戦を奨励するような雰囲気があります.これは以前のNewsletterのSIGIR 2013参加報告で言われていたことであり,上記のSIGIRとACLの違いだけでなく,banquetやstudent lunchなどのイベントでシニアな研究者の方々とお話しをする中でも感じたことです.ビジネスミーティングではSIGIR 2015はサンティアゴ(チリ),SIGIR 2016はピサ(イタリア),SIGIR 2017は東京で開催されるとの発表がありました.若手の皆さんも積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか.

(荒木淳 カーネギーメロン大学 コンピュータサイエンス学部言語技術研究所 博士候補生)

——————————————————————————-

[2015.4.26 追記]
学会参加時に撮った写真をいくつか下に追加します。

CIMG1585
会場となった Gold Coast Convention and Exhibition Centre の玄関前。コアラのオブジェがお出迎え。

CIMG1598
SIGIR 2014のスポンサー企業をいくつか。

CIMG1584
リゾート地らしい凝ったデザインのコンドミニアムと思われる建物が多く見られます。

CIMG1586
Gold Coast 周辺を走る路面電車 GoldLinQ。2014年7月に開通したばかりのようで、奇抜な青色が目立ちます。

Powered by WordPress