Jun Araki’s Blog
随所に主となれば立処皆真なり

2012 年 5 月 27 日

博士課程の学生が知っておくべきこと

Filed under: Books,Studying Abroad — araki @ 12:32 PM

カーネギーメロン大学コンピュータサイエンス学部言語技術研究所 (The Language Technologies Institute of the School of Computer Science at Carnegie Mellon University) の博士課程への入学まであと三カ月ほどになりました。そこで、博士課程の学生が入学に際して知っておくべきことを改めて調べてみました。「改めて」と言うのは、以前にも調べたことがあって、いくつかの文献を読んだことがあるからです。その時に感じたのは、博士課程に入学するにあたって何を知っておくべきかという問いに対する典型的な答えは、「それは学術領域 (disciplines) と学部 (departments) に依存する。」というものでした。

それはそれで正しいと思いますが、アドバイスが一般的である場合や、他の学術領域や学部のケースでも自分の所属に当てはまる場合もあります。なので、グラント関係など各分野に特化した話ではなく、博士課程全般の話を色々と調べてみて、自分に役に立ちそうなところだけ拾い読みすると良いように思いました。以下に、私が見つけた情報源へのリンクを貼っておきます。順不同です。少し古いものも含まれています。このポストのタイトルを「博士課程の学生が知っておくべきこと」と一般化したものにしましたが、実際には以下の情報源は米国大学院におけるコンピュータサイエンス分野に偏っていることを付け加えておきます。

書籍

  • Peter J. Feibelman. 2011. A PhD Is Not Enough!: A Guide to Survival in Science. Second Edition. Basic Books.
  • Dale F. Bloom, Jonathan D. Karp, and Nicholas Cohen. 1999. The Ph.D. Process: A Student’s Guide to Graduate School in the Sciences. Oxford University Press, USA.

エッセイ・ブログ記事

他にも有用な情報源をご存知でしたら、情報をお寄せいただければと思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

 

Powered by WordPress