Jun Araki’s Blog
随所に主となれば立処皆真なり

2009 年 10 月 10 日

Research Assistantship のオファーを頂く

Filed under: Research,Studying Abroad — araki @ 5:08 PM

8 月中旬にスタンフォードに到着してから 2 ヶ月弱が経ち、生活自体にはだいぶ慣れてきましたが、それでも授業が始まったこともあり、相変わらず毎日目が回るような忙しさが続いています。そのような中で、先日スタンフォード大学言語情報センター (CSLI: Center for the Study of Language and Information)Computational Semantics Laboratory より Research Assistantship (RA) のオファーを頂きました。これにより、この秋クォータの授業料が全額免除され、さらに stipend というお給料を頂くことになりました。

スタンフォード大学コンピュータサイエンス学部の M.S. プログラムでは Ph.D. プログラムと違って財政援助 (financial support) が保証されていません (米国内の他の大学も同じような状況のところが多いと思います)。その状況下で私は RA をさせていただける研究室を模索していました。まだ慣れない英語での面接ではあまりうまく自分をアピールできていなかったので正直自信が無かったのですが、この RA オファーの知らせを頂いた時は大学院合格の知らせを頂いた時と同じくらいに嬉しかったです。

少し冷静になって、この私という一学生の授業料と生活費になるお金の出処を考えてみると、それは基本的に教授が獲得してきたグラントです。さらに突き詰めて考えると、そのグラントには (全てではないにしても) 米国市民の税金が含まれているはずです。その対価として従事する研究活動に当然ながら責任を感じます。

授業の方も大量の宿題が毎週のように出ている中で、RA も加わるとなると今の自分の限界を少し越えているような気もしますが、この最初のクォータが正念場になることは間違いないので必死に頑張っていこうと思います。その一方で、留学体験者の話で留学後数ヶ月くらい経って慣れてきた頃に体調を崩す方が多いという話を聞いたことがありますので、体調管理には特に気を付けようと思います。

Powered by WordPress