Jun Araki’s Blog
随所に主となれば立処皆真なり

2009 年 8 月 3 日

International House at UC Berkeley

Filed under: Studying Abroad — araki @ 5:04 PM

UC Berkeley に来てから一週間が経ち、こちらの生活に少しずつ慣れてきました。UC Berkeley では International House (通称 I-House) というハウスに住んでいます。1930 年に開館して以来、このハウスにはノーベル賞受賞者や緒方貞子氏など著名な方もお住まいになったことがあり、実際に中に入ってみると所々に歴史の重みを感じさせます。ただ、それだけ古いので最近の耐震基準を満たせなくなっているようであり、部分的な改修を繰り返している模様です。I-House は Berkeley を含めて世界 15 箇所に有ります。アジアでは唯一日本にあり、東京 (六本木) にある国際文化会館がそれに当たります。

今回は国際交流にも興味があったのと、I-House の方が Summer Visitor Housing より数万円ほど費用が安いので部屋が空いていないかどうかを問い合わせていたのですが、先月の頭になって Housing Office から「部屋が空いたので申し込みを検討してください」というメールが届きました。約 3 週間という短期間の滞在であっても申し込みに際しては書類審査 (審査料 $35) を受ける必要がありました。その審査の結果、入居の許可が下りました。

I-House の写真を載せておきます。


I-House の正面玄関です。


私の部屋からの眺めです。San Francisco Bay が見えます。

このハウスではトイレやシャワーは共同であり不便なところもありますが、気に入っているのは天井の高い食堂です。壁には大きな絵画が飾られており、朝はクラシック音楽とともに朝食を楽しむことができます。食事については洋食を中心として様々なメニューを取り揃えていますが、日本人の私としては魚料理の頻度と量をもう少し増やしてもらいたいところです。ハウスの入居者に関してはインターナショナルというだけあって世界各国から学生や教職員が集まっているようであり、日本人も何人か住んでいます。インターネット環境に関しては各部屋に有線 LAN が配備されており、無線 LAN も利用可能です (ただし有料で、$40 必要です)。

国際交流に関連して、日本での出国前の準備について書いておきます。出国前は当分行けなくなるであろう日本の美術館などに足を運びたかったのですが、結局準備の関係でそこまですることができませんでした。そこで、以下の事を済ませました。

今回の滞在は、英語と専門の勉強が主な目的です。ただ、短期間ながらも I-House に入居することができたので、自分にできる範囲の国際交流を楽しみながら有意義に過ごしたいと思います。

2件のコメント »

  1. カリフォルニアへようこそ!バークレーの生活を楽しんでいるようで何よりです。
    これから数年は大変かと思いますが頑張ってください!
    時間ができたら会いましょう!

    コメント by 週刊べいえりやん — 2009 年 8 月 11 日 @ 3:21 PM

  2. コメントありがとうございます。もうすぐ Stanford に移ります。そこでの生活が落ち着いたら連絡を取らせてください。

    コメント by araki — 2009 年 8 月 14 日 @ 4:14 PM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

 

Powered by WordPress