Jun Araki’s Blog
随所に主となれば立処皆真なり

2008 年 5 月 10 日

コンピュータ将棋が人間を破るということの正確さ

Filed under: Events,Hardware,Software — araki @ 10:15 PM

先週末、第 18 回世界コンピュータ将棋選手権にて優勝プログラムと準優勝プログラムがそれぞれ平手戦でアマトップの実力者を破りました。この事実はあまたのニュースで取り上げられていますが、これによってコンピュータ将棋がアマのレベルを越えた、というのはやや短絡的であり、言い過ぎであるような気がしています。

この出来事の要因には、CPU などのハードウェア上の進歩や学習アルゴリズムなどのソフトウェア上の改良も当然ながら有りますが、エキシビジョンマッチ故の人間に有利なルールや対局場所の雰囲気なども有ったと思います。具体的には、ルールについては持ち時間 15 分、切れたら 30 秒の秒読みという持ち時間に関するルールがあり、これはアマトップと言っても十分に実力を発揮する程の思考時間ではないと思われます。対局場所については、コンピュータ将棋の開発者やそのマシンが集う大部屋での対戦であったこと、また秒読みについては激指戦をネット中継で見る限りアマトップの方のすぐ隣りの席で読まれていたことから、アマトップの方にかなりのプレッシャーが有ったことは容易に想像がつきます。

対局後には、準優勝プログラムの作者棚瀬さんが、現在のコンピュータ将棋にも弱点があって、その弱点を突くような指し方をすればアマでも勝つことができるという意味のことを仰っていました。実対局では、コンピュータ将棋に対してがっぷり四つに組んでから戦うという流れでしたが、それはむしろコンピュータの得意な戦略であり、例えば現在のコンピュータ将棋の主たる弱点である序盤に攻撃を仕掛けるような戦略を採れば、アマであっても勝機はまだ十分にあるということかと思います。

もちろん、この対局はコンピュータ将棋の大会のエキシビジョンマッチであるので、上記の環境面については仕方が無い部分もあるかと思いますが、新聞記事などのニュースの多くにはこれらのことは省略されているので、その読者は記事を読んで短絡的にコンピュータ将棋がアマのレベルを越えたという思い違いをし易そうであるという意味で、いささか乱暴な印象を受けます。

しかしながら、その厳密性や正確性はさておき、現在のコンピュータ将棋のトップがアマトップと同程度の実力を持つということは事実であると言えます。さらに、このような公の場で誰々が誰々に勝った、負けたということは、細かな諸条件が無視され得る程に誰の目にも明らかな事実であり、この出来事はコンピュータ将棋の歴史に明確に刻まれていくものなのでしょう。

ちなみに、今回のこの出来事は、コンピュータ将棋は既にアマトップを破ったのだから、次にコンピュータ将棋が対戦すべき人間はプロ棋士になるでしょう、という分かり易い論理展開の根拠になり得ますが、将棋の文化という側面からも、その前に、エキシビジョンではないコンピュータ将棋と人間の対局について勝負としての公平さや厳密さを議論する契機になって欲しいと個人的には願っています。

2008 年 5 月 2 日

自宅サーバを再構築

Filed under: Hardware,Server-related — araki @ 4:29 AM

自宅サーバを再構築して、本サイトも復活させました。以前使用していた自宅サーバは ThinkPad T42 だったのですが、やはり 24 時間稼働に無理があったようで CPU ファンが壊れて OS が起動しなくなりました。そこで色々と検討した結果、サイコム社Silent-Master AMD Edition Ⅴ/B2350 を新しく購入しました。購入しようと思った日の翌日に本モデルが販売開始になったので、タイミングが良かったです。

今回重視したのは、静音性、省電力性、サーバ構築時間、コスト、耐久性です。まだ使い始めて間もないですが、トータルで考えて個人的には満足しています。各々の基準についてのメモなどを書いておきます。

1) 静音性

  • PC 稼働時の動作音は非常に静かです。動作音のデシベル値の測定結果は出ていないですが、例えるならビジネスホテルの部屋の空調音のようなレベルで全然気になりません。
  • 今回色々と比較してみて、静音性のポイントは CPU ファンと HDD かと思いました。
  • CPU ファンについては、本機には大型 120mm ファンがデフォルトで付いています。
  • 個人的に興味があって、HDD 静音ケース (SMART DRIVE Classic Black) を追加で付けました。
  • HDD については、基本的に当たり外れがあるとは思いますが、本機の HDD の動作音は静かな方だと思います。ただ本機の場合、HDD 静音ケースによる静音効果が大きいと思われます。
  • その他の要素としては、PC ケースの左右上部に静音シートがデフォルトで付いています。

2) 省電力性

  • 4) コストと関連しますが、電気代という running cost を抑えたいというのは個人ユーザの切実な願いだと思います。その点、本機 CPU の AMD Athlon X2 BE-2350 は Dual Core で 45W という低消費電力を実現しています。最近の CPU にはさらに良いものが出ているかも知れませんが。
  • 一人でできることは限られますが、eco-friendly な観点からも個人的に重視したいポイントです。

3) サーバ構築時間

  • ここでのサーバ構築時間とは、PC の見積から受取までと、OS や一連のミドルウェア、アプリケーションの導入と設定が完了するまでの時間を指します。この時間がなるべく短い方が当然ながら嬉しいです。
  • 金曜日に発注して、翌週の土曜日の午前中に届きました。見積と発注にかかった時間は数時間程度でした。
  • サイコム社の見積フォームは整然としていて、各パーツの説明が充実していました。
  • 以前、Debian GNU/Linux 4.0r0(etch) statble でサーバを構築したので今回もそれに倣いました。必要なアップデートは後で行います。
  • OS、ミドルウェア、アプリケーションの構築手順メモを手元に残してあったので、それを活用して正味数日程度の作業で済みました (もちろんそれなりの苦労は伴いましたが)。

4) コスト

  • ここでのコストとは、経済的なコストを指します。
  • 以下の見積の通り、全部で 6 万円強でした。
  • 追加で付けた HDD 静音ケース (5,680 円) は贅沢品の部類に入るかも知れません。これを除けば、約 57,000 円になります。

5) 耐久性

  • まだ使い始めたばかりなので確かなことは言えません。
  • 盲目的に信じることはできませんが、価格.com のユーザレビューによると、HDD の Seagate ST3160815AS (160G SATA300 7200) の耐久性に関する評価は上々のようです。ただ、これも当たり外れがあると思います。
  • HDD 静音ケースは HDD 動作音を低減する機能とともに、HDD を冷却させる効果があり、これにより HDD の寿命はより長くなり得ます。

6) 備考

  • 最適のパーツを組み合わせて自作 PC を組み上げるのは楽しいですし、コストダウンにもつながると思いますが、今回はそこまでする時間的余裕は無かったので BTO PC にしました。
  • 空冷方式の CPU ファンについては、その冷却性能は基本的にファンのサイズとファンの回転数に依存します。また、ファンの回転数と静音性はトレードオフの関係にあります。なので、一般的に、ファンのサイズを大きくするとファンの回転数を小さく抑えることができ、その結果として静音性が高まり易いという傾向があります。
  • PC の実際の消費電力を計測するには、ワットチェッカーなどの機器を使用する必要があります。今回はそこまではしませんでした。
  • 本機の CPU は AMD (Dual Core) なのですが、OS (Debian GNU/Linux) のインストールは amd64 の CD イメージだと何故かうまくいかず、結局 i386 netinst CD イメージからネットワークインストールしました。

今回の自宅サーバ用 PC の見積を貼付しておきます。

================================================
Radiant Silent-Master AMD Edition5
================================================
CPU : AMD AthlonX2 BE-2350[SocketAM2/DualCore/2.1GHz/L2 512KB×2]45W (標準構成価格52,800円)
CPU-FAN : SUNTRUST NAGINATA[薙刀](標準)
MOTHER : GIGABYTE GA-MA69G-S3H[AMD 690G + SB600](標準)
MEMORY : 2048MB DDR2-SDRAM PC5300[1GB*2枚]【メジャーチップ・6層基盤】(+4,180円)
FDD : なし(標準)
HDD : Seagate ST3160815AS [160GB 7200rpm 8MB S-ATA2 流体軸受](+990円)
ExDrive : なし(標準)
HD/option: SMART DRIVE Classic Black [5インチベイ1つ使用](+5,680円)
OptDrive : 【黒】DVD-ROM(読込専用);16倍速DVD/48倍速CD+再生ソフト(標準)
VGA : [オンボードVGA機能搭載](標準)
SOUND : オンボード[8ch HD Audio](標準)
ExCard : なし(標準)
LAN : GigabitLAN [1000BASE T]オンボード(標準)
CASE : 【黒】Antec SOLO[電源なし](標準)
POWER : EverGreen SilentKingα HK400-14GP [400W](標準)
OS : なし(標準)
Office : なし(標準)
S-Cable : スマートケーブル標準装備
N-PAD : 騒音・振動吸収シート(標準装着)
KEY : なし(-760円)
MOUSE : なし(-870円)
USBメモリ: なし(標準)
SPEAKER : なし(標準)
MONITOR : なし(標準)
支払い : 銀行振込/郵便口座振込
————————————————
●商品単価 : 62,020円
●ご注文台数 : 1台
————————————————
●商品金額 : 62,020円
●発送料 : 1,500円
●手数料 : ―円
●合計金額 : 63,520円

Powered by WordPress