Jun Araki’s Blog
随所に主となれば立処皆真なり

2008 年 2 月 25 日

R を学ぶ

Filed under: Programming Language — araki @ 10:11 PM

今更という感じもありますが、統計処理用プログラミング言語 R について学んでみました。と言っても、実際にはまずは対話的なインタープリタ、遅延評価といった基礎的なところだけです。感触としては、python に近い感じがしました。

手元の Ubuntu 7.04 でインストールから始めます(R のバージョンは 2.4.1)。

$ sudo apt-get install r-base litter
$ R
> sqrt(exp(2)) * sin(pi / 2)    # 数値計算用の関数などは比較的豊富です。
[1] 2.718282
> x1 <- 4.5                     # 代入がちょっと変わってます。
> x1
[1] 4.5
> 2:7                           # 値の繰り返し
[1] 2 3 4 5 6 7
> (x <- c(4.1, "Hello", TRUE))  # ベクトル
&#91;1&#93; "4.1"   "Hello" "TRUE"
> (A <- matrix(1:4, 2))         # 2行2列の行列
&#91;,1&#93; &#91;,2&#93;
&#91;1,&#93;    1    3
&#91;2,&#93;    2    4
> delayedAssign("tmp", {print("Hello!"); 3})        # 遅延評価
> tmp
[1] "Hello!"
[1] 3
> tmp
[1] 3

今回は時間もないので、このくらいにします。次回はグラフを書いてみようと思います。

参考にした書籍をメモしておきます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

 

Powered by WordPress